妊婦と赤ちゃんのために必要な栄養

妊婦と赤ちゃんのために必要な栄養素である葉酸は、ゴーヤーにも思いの外豊富です。妊娠中、葉酸を摂るために上手にゴーヤーを食べて欲しいと思いますが、食べ過ぎも害になることがあります。



大量に食べてしまうと、食後の胃もたれや下痢が起きることもあります。
妊娠して様々な変化が起こっている身体に、不調が起きると結果的には胎児にも良くないのです。
私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたので、どの本や雑誌を読んでも葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると胎児がすこやかに発育するのには最も良いとあちこちに書かれていたので、さっそく葉酸サプリを飲み始めたのです。

妊娠何週まで摂った方が良いのかも後で調べましたが、摂りすぎは禁物ですが、そうでなければ、どの本にも赤ちゃんと母体のために出産まで摂って欲しいと書いてあったため、出産まで葉酸を摂ることに決めました。多くの女性が自分のことを冷え性だと思っているという調査結果があります。



妊活中の冷えは本当に禁物で、体を冷えないようにすることも、妊活においては大変重要です。



それに関連して、腹巻や冷え取り靴下といったものが冷え防止に役立ちます。実際に、このようなものを使ってから、妊娠することが出来たという声もあり、簡単であり、なおかつ効果のある妊活と思われます。これから妊娠したいと思っている方はいろいろな栄養素の中でも、葉酸を摂り続けることが大事です。



その重要な理由としては、妊娠初期に発生する先天性の障害の危険を下げられるからです。けれども、いくら摂っても良いわけではないことが気がかりな点です。

子供に起きる問題としては、将来、喘息の症状が出ることもあるようです。



葉酸を摂るときは、過剰摂取にも配慮しましょう。


栄養素の中でも、特に葉酸は妊娠初期に摂らなくてはならない栄養素だと言えます。

脳をはじめとした神経系が形成されるのは主に妊娠初期ですが、ここで葉酸が細胞分裂を盛んにする働きがあるからです。葉酸が豊富に含まれる食材は何か全く見当がつかない、毎日の献立の中に上手く取り入れられないというプレッシャーを感じるなら、青汁の他、栄養補助食品で上手に摂取すれば良いのです。



赤ちゃんだけでなく、お母さんの身体のためにも、どうかがんばって葉酸を摂っていってください。確かに葉酸は様々な良い作用をします。
そのためできる限りたくさん摂取しようといろいろな方法で大量に摂取する方もいそうな気がしますが、葉酸を一度に多量に摂ると様々な副作用を起こします。
例を挙げれば、発熱やじんましん、かゆみなどで、呼吸障害にまで至る重篤な例もあります。成人の場合、1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限なので、超過にはくれぐれも気をつけてください。

妊娠によって日常生活も心理状態も変わるので無意識のうちにそれがストレスとなってストレスが自律神経に影響することもあります。

妊娠によって起こるホルモンバランスの変化や毒素の排除で、つわりが起きるというのが一般的な説ですが、ストレスで自律神経の働きが乱れるために起こるものでもあるようです。母体にとっての葉酸は、神経系の働きを調整する重要な働きをしているのでつわりの軽減にもつながると言えます。

見たところ全く関連性がなさそうなことですが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、強いかかわりがあるということが明らかになっています。
最近、分かった研究結果から、殆どの人が発症しているといっても過言ではない歯周病が早産や低体重児出産に関与し、確率を高めているのです。

妊娠中の治療は場合によっては安全性を考慮して制限されるものです。
妊活をしている女性の中で長い間歯科を受診していない方は、早いうちに診てもらった方がいいでしょう。

初めて赤ちゃんを授かったときは妊婦に必要なことをできるだけやってみました。妊娠初期は身体の変化が大きいので、特に気をつけた方が良いと何度も実家や病院で聞いていたためです。ネットのまとめサイトや、妊婦のための雑誌に積極的に葉酸を摂って、赤ちゃんの発育を促しましょうと書かれていたので葉酸サプリメントの購入を決め、すぐに飲み始めました。ほとんど食事ができないくらいつわりがひどいときもありましたが、サプリメントは薬ではないのでどんなときでも葉酸が摂れたのは良かったです。

いつにも増して妊活の最中はあまりストレスを溜めてしまわないように気を付けることが必要です。


その観点から行くと、入浴中のリラックスは大事ですが、過度の負担は避けるべきだという観点から行くと熱いお湯であったり、長時間湯に浸かるということを避けましょう。

熱いお風呂は案外、体に負担をかけてしまうのです。